読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけもの日記

人生のメモ帳

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  1. 「気になること」全てを1箇所に「収集」する
  2. それぞれの意味と何をすべきかを明らかにする「処理」を行う。
  3. その「処理」の結果を「整理」する
  4. それらの行動の選択肢を「レビュー」する
  5. 選んだ行動を「実行」する

要約すると、

  • 頭の中の「気になること」を"すべて"頭の外に追い出す
  • それらすべての「気になること」について、求めるべき結果と次にとるべき行動を決める
  • そうして決めた、とるべき行動を信頼できるシステムで管理し、定期的に見直す

■本書より引用


今まではGoogleカレンダーでタスク管理していたけれど、日常での処理するタスクが多くなり、何かしらの仕組みを作らなければ心の余裕が失われるのでGTDについて勉強中。本書でGTDについて勉強してEvernoteGTDを実践中。
もっと早くこの本を手に取っていればよかった。


  1. 収集:頭の中にある「気になっていること(問題)」を紙などに書き出す。作業中のメモ書きなども参照して、問題点を出して行く。
  2. 処理:書き出した内容を、手順に添って、リスト化する。
  3. 整理:リストを自身がスケジュール管理に使っているツールPDAやシステム手帳など)に入れ込む。
  4. 見直し:自分の状況や状態でそれらが可能かどうか見直し、検討する。
  5. 実行:リストアップした「出来ること」を順次片付ける。

Getting Things Done - Wikipedia