読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけもの日記

人生のメモ帳

ゼロ・グラビティ


前々から気になっていた映画「ゼロ・グラビティ」.
2014年早々から素晴らしい映画に出逢えました.映像表現が素晴らしく,映画の始めから終わりまでひたすら圧倒され続けてました.映像だけでなく音響効果も凄く,大迫力の3D映像で音響設備の整った映画館で観るべき映画です.
映画館の広く暗く静かで少し肌寒いくらいの空調が,映画で表現されている宇宙空間の雰囲気や怖さをこれでもかと引き出しています.


不満点は邦題の「ゼロ・グラビティ」というタイトル.原題は「Gravity」.
確かに宇宙は無重力なので「ゼロ・グラビティ」というタイトルにしたのかもしれないが,最後の演出上,「Gravity」のタイトルの方がやはり感慨深い.Gravityの意味を噛み締めることで「Gravity」のタイトルに感動して映画を締めることができました.


何はともあれ素晴らしい映画に出逢えるのは最高の気分転換です.


映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト

ゼロ・グラビティ (映画) - Wikipedia
ゼロ・グラビティ』(原題:Gravity)は、アルフォンソ・キュアロン監督による2013年の、宇宙を舞台にしたヒューマン・サスペンス映画である(宇宙船・宇宙服・宇宙ステーション・宇宙技術等、全て実在 ...



メイキング映像