読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけもの日記

人生のメモ帳

ノートPCのアクセスポイント化

ホテルに有線LANのネットワークしかなく,ノートPCでネットに繋がるけどiPhoneなどでもそのネットワークを利用したい場合の対処法.
国内出張の場合だと何も気にしないでキャリアのネットワークが利用できますが,海外出張の場合だと現地のSimカード等を契約しないとキャリアのネットワークが利用できません.そのため,宿泊先のホテル等の無線LANはある意味貴重な生命線です.しかしながら,ホテルに無線LANがなく,有線LANのネットワークしか設置されてない場合があります.有線LANなので基本的にノートPCでしかネットに繋げることができないけど,iPhoneをネットに繋げたい.そこで,ノートPCに有線LANを接続し,ノートPCを無線アクセスポイントとして利用する方法があります.
その設定方法をメモ.

  • 実行環境

無線LAN(ワイヤレスネットワーク)内蔵ノートPC,OS:Windows7

  • 方法

コマンドプロンプトを管理者モードにて起動.利用する機能はソフトウェアAP(アクセスポイントモード)と言うらしい.暗号化方式などのメモは省略.

  • 初期設定

netsh wlan start hostednetwork
netsh wlan set hostednetwork ssid=<アクセスポイント名>
netsh wlan set hostednetwork key=<パスワード> keyusage=persistent
netsh wlan stop hostednetwork

  • サービスの起動

初期設定後に再度サービスを起動させる.また,電源を落とすとサービスが停止するため,PC起動後に再度ノートPCをアクセスポイント化したい場合はサービスを起動させる.

netsh wlan start hostednetwork

  • サービスの停止

サービスをオフにしたい場合は停止させる.

netsh wlan stop hostednetwork

iPhoneから設定したアクセスポイント名でWi-Fiが飛んでいることが確認できるので,通常の無線LANのアクセスポイントと同様に,設定したパスワードで認証を行うことでネットに繋がる.


日常ではこの方法を利用する必要はないけれど,知ってるのと知らないのとでは大違い.実際に海外に行った際にこの方法を知っていたので助かりました.PLANEXの小型無線ルータ「ちびファイ2」を持っているけど何故かホテルで利用できなかったので大助かり.机の上でノートPCを有線LANに繋げ,ベットの上で横になりながらiPhoneでメールチェック等ができます.