なまけもの日記

人生のメモ帳

研究室配属

※電子の場合

学生側:配属希望リスト
教授側:受け入れ希望リスト

アルゴリズムにより研究室が決定するらしい。

希望する研究室に行くために自己推薦書を書いて、自分を売り込みに行く必要がある。